トランクルームを使い倒すための、お役立ちレイアウト用品5選

洋服などを吊るして収納する

トランクルームを利用すると、一般の賃貸物件のスペースを利用するよりもお得に物が置けます。しかし、せっかくあるスペースをうまく使わないと無駄になってしまいます。利用の契約をすると、利用規約に基づいて利用が可能になります。収納のためのアイテムなどは自由に持ち込めるので、上手く使うといいかもしれません。 空間をうまく使うには吊るすアイテムが便利です。トランクルームの壁に突っ張り棒を渡せば、そこに荷物を吊るせます。洋服であれば、かなりの数を吊るせるかもしれません。 洋服を吊るすときにはより保管のしやすいケースなどに入れるといいでしょう。スーツを購入した時にもらえるケースの他、何着かをまとめて吊るして保管できるケースも便利です。

棚であったりボックスを活用する

トランクルームに荷物を保管するとき、通常は床にどんどん荷物を置きます。この時、床に置き場所が無ければ荷物の上に荷物を置くなどになり、下の荷物が取りにくくなります。使いたいアイテムとしては棚でしょう。棚があれば、それぞれの棚から取り出せるので、空間をうまく利用できます。木製やスチール製などがあります。 段ボールやクリアケースなどのボックスも活用できます。柔らかいものや形の異なるものは重ねにくいですが、ボックスに入れれば重ねられます。トランクルームの高さいっぱいまで荷物を積み上げられます。 屋外タイプのトランクボックスなら床にすのこを引くと地面に直接荷物を置かずに済みます。通気性も良くなるので、いろいろな荷物が置けます。

バイクの駐車場はバイクを停めておくことができますが、自転車に比べて少ないのが現状です。エンジンを切ってから動かすのは苦難なため、デパートの地下に停めるのを敬遠するライダーもいます。